Collection:日刊インタビュー収集隊

震災後に見つけたファッションが持つチカラ ─ ミントデザインズの10年とこれから(MODE PRESS)

今日のインタビューはこちら。

<インタビュー>ミントデザインズの10年とこれから 写真2枚 ファッション ニュースならMODE PRESS powered by AFPBB News

服を一つのプロダクトデザインとして考え、洋服というカテゴリーにとらわれず、住居空間や日常生活の時間を豊かにするアイテムを提案する「mintdesigns(ミントデザインズ)」のインタビュー。

2009年に、美人女性の口元やチンパンジーの口元をプレス形成した立体マスクで一躍話題を集め、その後も洋服というカテゴリーにとらわれないファッションを提案し続けている。

「自分たちには自分たちにあった見せ方やPRの仕方があると気がついた。」と語る勝井氏は、
「“ファッション”という分野にカテゴライズしてしまうのではなく、広い意味での“デザイナー”として、仕掛けていくことも可能性としてありだと感じた。パリで初めて『ミントデザインズ』として注目されたのは、ファッションではなくマスクだったように、プロダクトという意味でデザインを受け入れてくれた。自分たちに合ったやり方が存在して、ルールや縛りにとらわれることのなく、日本とはまた違った“自由さ”が海外にはあると確信した。」
と話す。

震災後に感じた「ファッションの必要性」については、
「震災後、1,2週間経った時、周囲の気持ちが沈んでいるなか、カラフルな服を着たい!と沢山のお客さんがショップに足を運んでくれた。せめて着るもので気分を変えたいとお買い物されていく姿をみながら、ファッションのチカラってこういうことなんだなと感じた。」
と語っている。

人を幸せにするなんてなかなか出来ないことだけど、
実はきっかけなら無数にあり、ここにもひとつそのきっかけに気付いた人が居て、
今日もたくさんの洋服達とデザインを生み出しているのだ。

他のコレクションを読む

  • ボクナリスト - 人生を発明するインタビューサイト -
  • Subscribe:
  • RSS

Recommend