Collection:日刊インタビュー収集隊

旅を「言葉」に変えること ─ 沢木耕太郎インタビュー(TORNO)

今日のインタビューはこれ。

interview 人はなぜ旅にでるのか? | トルノス 海外航空券・海外ホテルの一括予約サイト JTB

バックパッカーのバイブル「深夜特急」の著者である沢木耕太郎のインタビュー。

旅のほんとうの面白さや、氏が好きな街の話をとおして、人はなぜ旅をするのかという普遍的なテーマを自分の経験をもとにした言葉で語っている。

インターネットの普及により、自分の旅を発信することが容易になった。しかし沢木氏は「それが世の中一般の人に対して本当に提出できるクオリティになっているかというとなかなか難しい」と語る。

「そこに表現されている経験自体が極端なことだったり、人とは変わったことだったりしたとしても、それで人を動かすことはできないと僕は思う。人を動かせるかどうかというのは表現の力や質の問題であって、大げさにいえば人間の力量と比例します。だから旅によって人間としての力量が増していけば、表現の質も上がっていくでしょう」

旅は人を変える。旅はいつもなにか新しい発見を与えてくれる。
しかし逆に言うと、異国は別の文化を持っているのだから、新しい発見があるのは当然である。
旅での発見をいかに自分の中で消化し、蓄積し、言葉やイメージにして人に伝えるか、という点を沢木氏は強調する。
伝えることは、理解することである。
旅の意味を本当に理解するためにこそ、それを人に伝える努力を怠ってはいけないのかもしれない。

他のコレクションを読む

  • ボクナリスト - 人生を発明するインタビューサイト -
  • Subscribe:
  • RSS

Popular Posts

Recommend