Collection:日刊インタビュー収集隊

足の先から頭の先まで感謝 ─ 三点倒立おじいちゃん(デイリーポータルZ)

今日のインタビューはこちら。

@nifty:デイリーポータルZ:三点倒立おじいさんにインタビュー

沖縄の海、明け方に(というよりは日が昇る前)に海を泳ぎ、三点倒立をする謎のおじいちゃんに行なったインタビュー。

戦争が終わったときの話が強烈。

「私は戦争に負けたってことを聞いて、終戦のラジオなんかは当然宮古島では通じないんだよね。 だから後で聞いたんだけど、そうだね。すべてが終わった。(中略) だからワシは毛という毛はすべて剃った! 髪の毛から上から下まで真っ裸になって。 なんか知らんけど白紙に戻ろうと思って。ははは。」

毛を剃る。ちょっと笑っちゃったけど、きっとその当時の気持ちは文字にも言葉にもできないのだろう。
満州に住んでいた頃に一緒だった沖縄出身の戦友に、自分がもう帰れないことを悟って、父親に渡してもらうために爪と髪を預けていったそうだ。

健康についての話でこんなことも語っている。

「私はね、我々の身体は60兆の細胞から成っているといつも思っている。 細胞のおかげで生かされているんだと感謝している。
みんな外のものには感謝するけど、内のものを忘れがちなんだ。 だから私は毎朝、足の先から頭の先までひとつづつ感謝の言葉を言っているんだよ。」

髪や爪の話から、この最後の身体の細胞の話を聴くと、この見ず知らずのおじいちゃんの神髄をほんの少しだけ垣間見れた気がする。

(ちなみにこのおじいちゃんはNHKカーネーションの大ファン。親近感。)

他のコレクションを読む

  • ボクナリスト - 人生を発明するインタビューサイト -
  • Subscribe:
  • RSS

Popular Posts

Recommend